ペット

2010/05/12

ハムごはん

うちは毎晩9時がハムスター・のえるのごはんタイムなのですが、私がハムケージ付近に近寄ると
001843
周囲を走り回ってやってくる猫が1匹。
上を見上げてるのは

001844
ごはん風景を覗くため(--;
あわよくば、自分もおやつをいただこうという戦法w

中のハムは
001845
気にしないでモリモリたべるあたり、すごいと思うんだけど・・・。
うちには、捕食関係が成り立ってないようです(ありがたいことに)。
マイペースすぎて、起こさないとごはんにもやってこないので、毎晩起こしてからご飯を出してます(本当は良くない)。

けど、それを見つめる猫は
001846
オヤツをもらってると勘違いしてるみたく、うらやましいようです^^;

1度ハムスターフード(カリカリ状)のもニオイを嗅ぎにきたんですが、アルファルファ(いわゆる牧草)のニオイが美味しいニオイではなかったらしく、砂かけしてましたw
見るだけで手をださないので、ありがたいんですけど、視線が怖いですw

■おまけの1枚■
001847
背筋ぴーん。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

↓猫は肉食、ハムスターは草食。。。

にほんブログ村 
猫ブログへ 人気ブログランキングへ

エジプシャンマウランキング(←携帯用)

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2009/11/18

こにちわ、つむぎです。

001228
こにちわ。つむぎです。
なんだか、うちの下僕飼い主のたまは昨日実家のおかーさんに怒られたらしいですよ。
実家のおかーさん「あんたねー、まさか今日(実際昨日)ブログ更新してないだろうね?!えっ!してんの!?チェックしなかったわー!って、ちゃんと寝てなさいよ?悪くなるよ」(←怒られてる?と突っ込んではいけないw)
とか言われてたみたいです。なのでつむぎです。

それはそうと。
つむぎの非常食ペットのハムスターが大変らしいです。
喉元が赤くなってるらしいですよ。
つむぎは少ししか見てないからよく知りませんが。

ま、つむぎは相手にしてもらえないので寝ます。
寒いですけどね。拉致されて布団に入れられるよりいいです。ふぅ。
001229

ウチのジャンハムののえるさんにどうやら腫瘍ができてるっぽいです。
(ウチには先住ハムスターがいます。ケージの置いてある場所に上るので、護送車状態になってるんですが、毎日つむぎが覗きにいくのが日課らしいです^^;)
昨日の夜に発覚したのですが、喉元左右対称に2箇所腫れている上、以前からある多飲多尿などのその他の病状からしてもしかして甲状腺?とか思ってます。
ただ、年齢的にもう1ヶ月もしないうちに2歳になることを考えると、病院に連れて行ったところで、小動物だということも処置できないだろう(希望があればする、といわれるでしょうけど)ということもあり、ストレス与えるだけかな~?なんて思ったり。。

ちなみに、以前でてきた借り物の軍手はのえるに薬を飲ませるのに夫の両親様より借りてました(借りっぱなし、ともいう^^;
2世帯ってことを考えると、あんまり貸し借り・・ではないんですけどねw

■おまけの1枚・・改め、昨日の続きの悪事■
001230
こんなときに限って、調味料入れの奥に入って篭城するつむぎ_| ̄|○
出せないったら(;´Д`)

・・とかいいつつ、むしろ光量が足りないのでレンズを換えて撮ってる私w

☆おまけ?のぐりむすくん☆
2本目がオトナになりましたヽ(´ー`)ノ
Grems_tree21
これは・・・キノコ?^^;

※只今、皆様の所にお伺いすることを優先してます。
 ・・が怒られたため、本日は見合わせます^^;
 お返事や個別のお返事が
遅れたり、できないことがありますが
 温かい目でみてやってください・・・_| ̄|○スイマセン

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

↓本気でヒトと一緒に寝ないように逃げる黒猫(´;ω;`)ウッ…

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

エジプシャンマウランキング(←携帯用)

※ちなみに・・元気ですし、よくなってきてますw

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/03/23

寝顔を守れ<ペットオーナーの方はご注意ください>

※携帯からの方へ、長文です。ついでに、珍しくマジメ話題です。※

最初に情報をくださったのは、ブログでお付き合いいただいている「やんちゃ☆マッチャ!」のアキスケさん『ご注意ください!<にゃんこ・わんこオーナーのみなさま>』という記事「Mac Cat」のANKOさんの記事の転載だそうだったのですが、コメントと追加記事を見てびっくりしました。

以下転載です。

**********

「緊急報告!皆さんご注意下さい。」

ワンちゃん猫ちゃんと暮らす方、大切な家族の命に関わる危険な商品が出回っています。
記事をそのまま転載させて頂きますので、皆さまご注意下さい!
(記事元『ぼくはクマ(♂ネコ)』、くまのすけさん有り難うございます。)


転載にご協力おねがいします。多くの人に読んでもらいたいのです。

昨日チャンネル4のニュースで、
ペットに関するこんなニュースが流れましたので、
記事にしたいと思います。

それは主にノミやチックを退治するとして売られているシャンプーや、
体に直接つける(首のあたりに一滴というやつです)プロダクツで、
それを使った犬や猫が次々と死に至っている、というものです。

裏の成分表をみてください、もし pyrethrinspyrethroids という成分が入っていたら絶対使わないでください。

この成分はゴキブリ、ネズミを殺す薬に入っているものと同じ成分です。

ニュースでは消費者が苦情をいうサイトにいって、いったいどのくらいの苦情があるのか?をしらべました。
驚いた事にすでに何千匹というペットが亡くなったり、体の皮膚がただれたり、毛がはえてこなくなったり、
という被害にあってることがわかりました。

日本でもきっとこれらののみとりのシャンプーや、蚤取りの薬は発売されてると思います。
絶対、絶対つかわないでください。おねがいします。

彼等は言葉がはなせません。私たち飼い主が気をつけて守ってあげるしかないのです。

商品名の一例
Bio Spot Flea and Tick Shampoo
Hartz

チャンネル4
http://www.nbclosangeles.com/news/local/Pet_Products_Concern.html

(転載元『お気楽くにちゃんのわんダフルにゃ毎日♪』)

**********

「「緊急報告!・・・」-追加記事」

前記事『緊急報告!皆さんご注意下さい。』で問題となっている「ノミ取り製品」についての追記記事です。

昨夜訪れたブログでこの記事を読み、チャンネル4の記事(基となったDr. Jeff Werberのインタビュー記事)にも目を通し、
これは皆さんにもお伝えせねばと、取り急ぎ記事にしました。
対象となっている製品はアメリカ国内で主に販売されていますが、インターネット上で何でも簡単に手に入る現在、
対岸の火事と無視出来る報告ではありません。

そして記事内で報告されている成分(Pyrethrins/Pyrethroids)は日本でも殺虫剤として、広く使われている成分であると同時に、
犬・猫達の今後の"ノミ対策"を行ううえで、気になる/心配な問題です。
そこでこれらについて調べた事/報告頂いた事を、記事にしました。参考になれば幸いです。


現在日本で使われている"ノミ駆除剤"は安全なのか?


現在動物病院で一番多く使われている「フロントライン」。こちらは動物病院だけで処方される動物用医薬品。
主成分は"Fipronil/フィプロニル"という物質で、ノミ・マダニ駆除剤でこの成分を使っているのは、フロントラインだけ。

フィプロニルはノミ等の節足動物の中枢神経系にのみ強く作用する物質で、
播種時の土壌処理用などとして色んな商品名で販売されている。またゴキブリ用殺虫剤の主成分としても使われている。
しかし脊椎動物への毒性は極めて低く、ピレトリン やピレスロイドに比べ安全とも言われている。

※前記事に寄せられたコメントで、フロントラインに関する情報を頂いたので、こちらも参考にして下さい。
猫の ののちゃん - ノミ駆除剤は安全?』(kitcatさんありがとうございます!)

もう1つ、「レボリューション6%」(12%もあり)、こちらも多くの動物病院で処方されるノミ駆除剤。

糸状虫(フィラリア)だけでなく、特にノミに対する高い駆除効果をもつマクロライド系駆虫薬"セラメクチン"が主成分。
殺虫剤に属さない薬剤で、安全性も高いと言われている要指示医薬品(獣医師の処方せん・指示が必要)。
最近こちらを勧める獣医師も多い。

どちらも動物用医薬品なので、承認の際厳しい審査が行われており、動物病院のみでの処方/販売となっている為、
誤使用も少なく副作用などがあった場合にも、農水省への報告/調査がなされ、製品の回収や注意勧告も伝わり易く、
多くのノミ取り製品の中でも安全性は高いと思われる。

しかし個体差やアレルギー体質など処方時の健康状態によっては、副作用が起きることは否定できない
実際それぞれ何例か報告されている。(農林水産省・動物医薬品検査所/副作用情報データベースで検索/閲覧可能)

※『「デブネコぴや君」のPちゃんち』の"ぴやままさん"から、
現在アトピー症状がある"ぴや君"は「ノミ駆除剤「レボリューション6%」が発症のきっかけ」との情報。

※『ねこぼんのう』"めんまねえちゃん"より、フィラリア(犬)予防薬として使われた"セラメクチン"により、
過去3年間で110頭死亡したとの情報。(このデータに関しては、めんまねえちゃんからのコメント参照)

"Pyrethrins" や"Pyrethroids"とは?


Pyrethroid/ピレスロイド』とは"除虫菊"に含まれる有効成分の総称で、天然と合成のものがあり、
今日ではピレトリン I (Pyrethrin I) とピレトリン II (Pyrethrin II) を主成分とする6種の化合物の混合物が多く使われている。

昆虫類・両生類・爬虫類の神経細胞上の受容体に作用する神経毒の一種で、哺乳類・鳥類に対する作用は弱いので、
安全性の高い殺虫剤として広く使用されている。『wikipedia-ピレスロイド

しかしピレトリン(Pyrethrin)などは、アレルゲンとなることが知られており、
最近では化学物質過敏症の原因物質として、家庭内殺虫剤や建材などの利用が問題視もされている。
また実験動物に対するピレスロイドの毒性も、種差が非常に大きいと言われている。

尚、今回問題となった製品の製造メーカーに対し、アメリカ環境保護庁は警告すると同時に、
一般消費者に向け注意を呼びかけている。
また全米人道協会も販売店に対し、危険な成分を含む製品の情報開示と注意を呼びかけている。

安全な"ノミ取り製品"はどれ?


チャンネル4の記事で取り上げられた製品の場合、原材料の品質や含有量、混合物に問題があったのかも知れないが、
これ以外にも類似商品は数多くあり、また他の殺虫成分が使用されているものがある。
人間用医薬品や製品と違いペット用は、承認も甘く規制も緩いため粗悪品が出回っているケースも。

たとえ厳しい検査を受けた製品/成分でも、個体により副作用やアレルギーを引き起こす事もあるので、
一概に「これが安全」とは言えない。この記事を読んで、今後ノミ駆除を躊躇する人がいるかも知れないが、
ノミ・ダニに感染して病気になったり、一緒に暮らす人間にも影響が出るほうが、怖いかも知れない。

個人的にはノミ・ダニ駆除/予防を行うことは、健康管理上必須と考えているが、その場合医師と充分相談して欲しい。
言葉を離せない犬や猫、動物達は、身体に異変が起きても伝える事が出来ない。
異変/異常に気付いた時は手遅れという事も少なくないので、我々人間がしっかり見極めてやるしか無いのです。

彼らの健康そして命は、我々に委ねられていることを忘れないで下さい。

**********

私は、専門家ではないし、難しいことはわかりません。
ただ、追加記事のほうについてだけ、思うことはあります。

「レボリューション 6%」について・・少しだけ書きます。絶対にダメだということも、いいということも、私にはわかりません。ネットを利用して得られる情報、お医者様との相談の上、使用の検討をしてください。

ウチには、かつて2匹の猫がいました。どちらも4ヶ月で亡くなりました。
今のブログの前のブログ「ぬこだまり」からお世話になっている方もいらっしゃるので、ご存知の方もいらっしゃると思います。
事実だけでいうと、「レボリューション 6%」をどちらにも滴下しました。
ブログには書いてないのですが、初代の猫かぐやのときは「回虫駆除」のため、2代目のかのんのときは「フィラリア予防(夏場だったので)」のため。その後、亡くなりました。初代かぐやについては健康状態がイマイチだったこともあるので、原因はわかりませんが・・(病名はありますが)。

今から考えると、可能性の1つとしてはあるんですよね。ワクチンも可能性の1つとして考えられるんですが・・・。

猫種とか・・そういうデータもないと、仮定を立てるのも難しいんですけどね(素人判断ですが)。

もし、薦められていたりとか、考えている方がいるのであれば、と思い、事例の1つ(2つ?)というわけではないですが、書かせていただきました。

他所でも(上記転載に挙げられてる以外)でも、多少なりとも影響についてのことを書いていらっしゃった方も見られましたので、そこも参考にされるといいかもしれません。

・・・で。

ウチは、というと。つむぎには「レボリューション 6%」は使わない予定です(といっても、今の病院では薦められもしませんがw)。トラウマというわけではないですが、悪影響がある可能性があるというものを避けたいので。

000253

なにより、この寝顔を長くみたいですからね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)